ランボルギーニ カウンタックLP400S

ランボルギーニ カウンタックLP400S

ランボルギーニ カウンタックLP400S

  • 全長×車幅×全高:4140×2000×1070mm
  • ホイールベース:2450mm
  • トレッド 前/後:1490mm/1606mm
  • 車輌重量:1385kg
  • エンジン:60度V型12気筒DOHC縦置きミッドシップ
  • 総排気量:3929t
  • 最高出力:375PS/7000rpm
  • 最大トルク:41.8kgm/4500rpm
  • 生産年:1978〜1982年
  • 生産台数:237台(LP400S)
  • 生産国:イタリア

カウンタックは1974年にミウラの後継モデルとして登場した。スイングアップドア(当時はガルウイングドアと呼ばれた)による存在感は圧倒的。「スーパーカーの象徴」として、今なお高い人気を誇っている。手の込んだスペースフレームは剛性も高く、意外としっかり走る。

モデルチェンジを繰り返しながら1990年まで生産され約2000台のカウンタックが生産された。 展示車輌は1982年型のLP400Sで、ドイツでミウラの純正色ライトグリーンに塗り替えられ2006年に日本に輸入されている。


劇中では、ファーストモデルのLP400がハマの黒ヒョウのクラッシュを演じている他、謎のLP500も登場する。